「母」の記事一覧(2 / 4ページ目)

夜に呼び出しが

2度目の夜です。 電話で、呼び出しが。 母親が入院している病院からでした。 家に帰ると暴れていると、 さらには、腕に付けていた点滴を、腕を振って、取ってしまったようで、 ベッドから何から、血だらけになってしまったと。 本・・・

入院は、2度目なので

入院は、2度目なので、ある程度、準備するものは、わかっているので、 改めて、看護婦さんから、準備するものリストの紙をもらって、準備。 またか・・・っていう感じではあるのですが。 今回は、救急車で搬送ではなかったので。 私・・・

やっぱり、おかしい。

でも、やっぱり、おかしいなって、思っては、いたんです。 それは、点滴を打って、車で家に着くころに、来ました。 トイレに行きたいと。 家の玄関のカギを開けるのも、もどかしく、トイレにふらふらと・・・ 本人としては、駆け込ん・・・

風邪ではなくて、肺炎かも

夜、せきが、出ているんですね。 ずーっとっていうことではないのですが、 時々苦しそうにしているので・・・ もしかして肺炎かもって。 疑いを持ちつつも、夜中っていうことで、 お医者さんは、開いてないし。 でも、救急車を呼ぶ・・・

風邪かと

風邪かと思っていたんです。 どうしたわけか、声が、しわがれていたもので。 いつものようにデイサービスから帰ってきたら、 朝とは、明らかに違う声になっていて。 おいおい風邪でも引いたのかっていうことで、 気にはなったのです・・・

早起きも慣れるものです。

母親に合わせざるを得ないっていうことで、 しぶしぶ、朝4時台に起きて、5時台には、朝ごはんを食べさせる生活に、 否が応でも、対応せざるを得ない・・・ 仕方ないけど、受け入れざるを得ないっていうことで。 そんな生活を、毎日・・・

朝、4時ごろには、ごそごそと

朝、4時ごろには、ごそごそと、始まるんですね。 確かに、夜、寝るのは、午後8時から9時ごろなので、 本人的には、寝たりているんでしょうけれども。 こちらとしては、午後の8時とか9時には、寝ていないし。 少なくとも、11時・・・

寝言がすごい。

母親、認知症が進んでいるのは、確信してしまったのですが。 それと同時に、寝言がすごいんですね。 寝ているところが、廊下とふすま1枚を隔てた程度の場所なので、 いろいろな物音とか、声とか聞こえるんです。 同居生活を始めた当・・・

同居生活

母親が退院してから、以前よりも、危なっかしい雰囲気があったので、 夜は、ふすま一枚と廊下を一つ隔てたところで、寝るようにしました。 同居生活ですね。 すると、大変なことになっていたんです。 母親、寝た後に、家の中を徘徊し・・・

退院してきたのは、いいのですが。

退院してきたのは、いいのですが。 なんか、フラフラするっていうんですね。 自分の足で、立って歩いてはいるのですが、 以前と比較すると、見ていても、もどかしいぐらいに「フワフワ」している雰囲気なんです。 はたから見ていると・・・

ページの先頭へ